高度なセンスと確実な品質管理
海外生産のメリットとデメリットを理解し、その上で日本国内での生産にこだわり続ける弊社では、スピード感のある時代に対応した高度なグラフィックスやデザインをmade in Japanの確かなクオリティと品質管理で生産しお客様へ提供し続けています。
職人が勘に頼るだけの仕事ではなく、データー化するところは徹底的にデータ化し、常に最適化を目指しています。

Stacks Image 669
Stacks Image 832
名岐地区という繊維の産地に位置し、昭和40〜50年代は岐阜の繊維街に育てられました。
しかしもともと量販向けをメインに生産していた中部地区の繊維産業はいち早く生産コストの安い中国等への海外進出をすすめ、地元の繊維産業、特に製造業は大打撃を受けました。 その結果、二次加工を行う会社として地元では最大手となっていた企業規模を守るという自然な行動が東京・大阪など都市部への営業を強化する動きにつながり、今のタカオの基礎を作り上げました。
現在も5名の営業が東京・大阪等への出張を繰り返していますが、人と人とのつながりを重視し、更に現場に近い営業であるべきという理念のもと、あえて都市部に営業所は設けず、岐阜という生産現場での活動を大切にしています。 物流も含め、電話・ファクス・インターネットという通信手段の大幅な進化を活用しつつ、常に出張を軸にした営業活動を行い、社内では生産だけでなく企画スタッフがそのバックアップも含めてサポートしています。

Embroidery ー 刺繍

Stacks Image 390
針と糸で縫う。 ただそれだけのことですが、そこにデザインが加わることで刺繍になります。
タカオは刺繍で創業した会社であり、刺繍に関してはありとあらゆることを行ってきました。
多頭刺繍機が開発され、手振りのミシンで量産の刺繍をする時代が終わり、99.9%の刺繍がコンピュータ化されたと思われる現代でさえ、手振りのミシンでの本生産もこなせる企業として継続しています。
そこには歴史だけでなく、培われてきたノウハウがあり、何でも機械で処理してしまえばいいという問題ではない、という考えがあるのです。
Stacks Image 439
Stacks Image 442
Stacks Image 445
Stacks Image 448

Screenprinting ー プリント

Stacks Image 576
弊社ではシルクスクリーンによるプリント加工を行っています。
国内生産という小ロット多品種に対応するには、リボルバー式の自動印刷機ではなく、職人の手によるシルクスクリーン印刷が優れていると考えます。
また、安易にインクジェットに頼るのではなく、古い時代から続くカジュアルウェアへのプリント加工、シルクスクリーンによる印刷は、これからも永遠に無くならない加工と信じ、技術の継承にもつとめています。
Stacks Image 629
Stacks Image 632
Stacks Image 635
Stacks Image 638

Group ー 関連会社

1つの企業ですべてを完結させるのではなく、業務内容を拡張しつつも
分社化することでそれぞれの業務を行う各企業の最適化を行う。
協力関係の中にも各々の立場があることも考慮しながら
グループという網羅的なスケールメリットを生かしつつ
すべての共存共栄を目指すのが大切と考えます。
有限会社タカオプリント
  郵便番号  500-8444
  住所    岐阜市西明見町14
  電話    058−276−0393
  FAX    058−276−8646
  資本金   300万円
  代表者   林 悌生
  業務内容  シルクスクリーン製版及び
         プリント加工
株式会社スターク
  郵便番号   500-8444
  住所    岐阜市西明見町17-1-5F
  電話    058−268−6570
  FAX    058−274−0008
  URL    http://www.staac-inc.com
  e-mail   info@staac-inc.com

  資本金    1000万円
  代表者   斉藤 守樹
  業務内容  インターネット通販